2024年版:防災対策特集

防災特集2023

関連記事

まずは基本の防災セット

とりあえず防災セットがあると安心です。人数、車中用などで選びます。女性はサニタリー用品、赤ちゃんがいるならおむつや粉ミルクなどもを忘れずに準備しましょう。
足らないものや、水、食料は足していきます。

発送目安:

無駄のない基本の30点セット。ひとり1個の感覚で準備しておくと良いです。重複しても困らない消耗品が入っています。飲料水や食料はいれず、安価です。

発送目安:

女性のための防災セットです。
女性の確かな目線で作られた非常時でも安心して過ごせるアイテムセットです。
清浄綿×6枚、ポリ袋×1枚、ポーチ×1個、ディスポショーツ×1枚、ヘアゴム×1個、毛抜きピンセット×1個、ヘアピン×2個、化粧水×1個、美容液×1個、クレンジングシート×2個、ナプキン(夜用)×2個、ナプキン(昼用)×6個、パンティーライナー×2個

その他おすすめ防災セット一覧はこちらから

その他防災商品も幅広く取り扱っています!

非常用トイレや防寒具などはこちらから

発送目安:

水が使えなくても簡易トイレがすぐできる。
消臭効果のある凝固剤で気になるニオイもシャットアウト。

発送目安:

防寒用アルミシート、折りたためばポケットサイズになります

その他防災商品一覧はこちらから

モバイルバッテリー・大容量バッテリー・ソーラーパネル・乾電池の選び方

モバイルバッテリー

災害直後、帰宅困難などになった場合、スマートホンの充電などに使います。キャンプなどのアウトドアや旅行にも持って行けます。手軽な防災グッズです。

こんなモバイルバッテリーならとても安心

小型・ソーラー充電可能・防塵・防水3台同時充電でLEDライトもついています。
1台で何役もこなしてくれる、頼れるモバイルバッテリーです。大きさもスマートホンくらい。


小型軽量 USB-C コネクタ付き 3000mAh モバイルバッテリー

ケーブルなしですぐ充電!


大容量バッテリー・ソーラーパネル

自宅避難などで、停電時に家電を使うなら大容量バッテリーが必要です。暑いときや寒いときに、扇風機、電気毛布などが使えます。充電しておきましょう。
ソーラーパネルを繋げば、ゆっくりですが充電することが可能。災害時安心です。



乾電池

ランタンやラジオのパワー源として使います。電池が使えるスマホ充電器にも。スペーサーがあると、単3から単1の変換ができて便利

長持ちする電池といえばやっぱりエボルタのアルカリ電池。災害用にぜひ備えておきたい電池です。

発送目安:
発送目安:
発送目安:
発送目安:

当店ではそれ以外にもいろいろな種類の電池をお得に揃えています。おすすめ電池はこちらから


災害時に使えるラジオの選び方

災害時の情報の取得に。

選ぶならこのラジオがおすすめ

・AM/FMワイドFM対応高感度ラジオ
・持ち運びに便利な「ハンドストラップ」付き
・乾電池式(単3形2本、別売)

その他のおすすめラジオはこちらから

災害時に使える懐中電灯・LEDランタン・ヘッドライトの選び方

電池式の懐中電灯は、長く使えます。
LEDランタンはソーラー充電ができるタイプがおすすめです。
ヘッドライトは両手が使えるので災害時役立ちます。

懐中電灯ならコレ!

発送目安:

単1形~単4形の電池がどれでも1本で使えます。
床置きできるので、ランタンとしての使用も。

もっと懐中電灯を見る

LEDランタンならコレ!

発送目安:
もっとランタンを見る

ヘッドライトならコレ!

発送目安:
もっとヘッドライトを見る

普段の生活でも使える調理・生活グッズ

普段の生活でも使用することが出来、災害時でも使える便利なグッズを紹介します。

探しものが見つかる!大切なものに つける、 探す、 見つかる。
発送目安:
発送目安:
発送目安:
石油ストーブを日常使いすれば、停電時でも安心です。
発送目安:

今から準備できること

ハザードマップを確認しておきましょう

災害が起きる前にハザードマップを確認して、お住まいの地域や職場、学校などにどんな災害のリスクがあるのか確認する

災害に合わせて避難する場所・避難経路を確認する(地震には強くても、水害には弱い場所があるため)

通行規制のある道を確認する

ハザードマップはこちらから

自宅の耐震強化や家具の転倒防止対策をする

必ず起こると言われている地震災害のために家具の転倒防止用のグッズをつけましょう。

薄型のテレビには転倒防止のジェルなどを敷きます。

すぐに手の届くところに、スリッパ、ホイッスル、懐中電灯を準備しておく

防災グッズ・食料の準備をしておく

防災バッグ

投げて使う消火器

ランタンなどの照明器具

水は1人一日3Lです。10日分備えておくことが理想。

ローリングストック(防災食品を普段から少しずつ消費し、使った分を買い足しながら、常に一定量を備蓄すること)を取り入れる

災害の種類ごとに、避難場所は異なります。

水害:河川や海から距離があり、高いところへ

地震:安全な建物内へ

火災:広域避難場所へ

ハザードマップを確認しましょう。

水害のときに、外を出歩くときは長靴ではなくスニーカーを履きましょう。長靴だと水位高く水が入ってしまったときに重くなり動きにくくなります。


top