BONIQ 簡単ほったらかしで高級レストランクオリティのお肉

端から端まで全部ミディアムレア

注目の【UMAMI調理家電】で肉汁溢れる・・・
あなたが想像する理想のお肉をご家庭で堪能出来ます。
簡単3ステップで安価な赤身のブロック肉やパサつきがちな鶏胸肉を、
あなたの想像する【理想の肉】へと調理できる新感覚の画期的調理器具です。

美味しいお肉の状態

タンパク質に熱を加えると50℃辺りから変化を起こし、70℃を超える辺りには固く縮んでしまいます。科学的に言えば、55℃〜58℃辺りがもっとも柔らかくなります。この温度帯を意図的に狙う事が「低温調理」なのです。

旨味を逃さない方法

各温度帯で調理した際に流出した肉汁量の比較画像です。この流出した肉汁にこそ、旨味や栄養分、ジューシーさが含まれています。肉汁が流出しない温度で調理をするからumamiも残ったまま。

端から端まで全部ミディアムレア

低温調理は、端から端までが全く同じ焼き具合なのに対し、フライパンやオーブン等の調理は200℃以上の高温で火入れを行います。物理的現象として、中心から表面に向かって焼き具合が徐々に変化します。これにより、歯触り、食感はもとより、肉汁の流出や身の収縮が発生します。

だから【絶対温度】で火入れをする

誰でも簡単に狙った温度で調理をするにはどうれば良いでしょうか?

270℃に熱せられたフライパンを使って、58℃の焼き加減でお肉を調理するのは至難の業です。家庭でステーキを焼いても美味しく出来上がらないのがその理由です。

空気を抜いて湯煎をする事で、熱が空気中で減衰する事なく設定した温度で全体を包む様にムラなく調理する事が出来ます。それをBONIQでは、【絶対温度の火入れ】と呼んでいます。

BONIQを使えば0.5℃単位で任意の調理温度が設定出来ます。例えば、「58.5℃で調理する」という事も可能です。

後は、スタートボタンを押して1時間程放置すれば出来上がり!!